30代婚活

崖っぷち30代婚活女子の『自分改造』

すぐに結婚出来ると思ったのに

現在32歳。婚活歴1年のReiです。

 

サクッと結婚出来るかと思ったのに、1年も婚活をしています。
中には数年婚活している人もいるから、私なんてまだまだかもしれないけれど
でも、こう玉砕ばかりしていると焦るものですね。
このまま婚活続けて本当に私は結婚出来るんだろうかって・・。

 

20代は仕事と遊びにまっしぐらで、結婚なんて全く考えていませんでした。
もちろん早くに結婚していった友人は沢山いるけれど、
結婚後の様子を聞いたり見たりしていると、
尚更、結婚に対する興味が失せていきました。

 

綺麗にしていた友人も、ヨー○ドーなで購入した服を着るようになったり
エステもネイルもたまの飲みも我慢。
節約節約・・会うたびに生活に疲れている感がにじみ出ているのを見て、
「何で結婚したんだろう」
「もし結婚するなら、今の生活水準を落とさなきゃいけないような結婚だけは止めよう」
と思ったものです。

 

その頃は、お洒落はもちろんのこと、年に1回は世界中を旅行しました。
パリやラスベガス、ニューヨーク、バリ、シンガポールでゴルフをしたり、
ビーチでカクテルを飲みながらゆっくりしたり・・
自分の為だけにお金と時間を使ったものです。
それが楽しかったから。
仕事を頑張った自分へのご褒美と思っていました。

 

ですが30歳になり、一緒に遊んでいた友人達は徐々に減っていきました。
一人減り、また一人減り・・合コンにも誘われなくなり、
6人いた遊び仲間も、ついには私を含めて残り2人(サツキ)に。

 

しまいには、サツキと飲んでいてもマンションを購入すべきかとか
このまま一人での老後はどうなんだろうかとか、そんな会話をするようになっていました。
周りが家庭を持つようになって初めて、今後の事、将来の事を想像できるようになったのです。

 

仕事だって一生懸命やってきたけれど、このままずっと仕事があるとは限りません。
病気をしたらどうなるんだろう、サツキが結婚したら・・
新聞で読むような孤独死も人事じゃないな・・なんて考えるようになりました。

 

『残りの人生を支え合って生きていける人がほしい』
31歳になり、そう心から思うようになったのです。

 

私は、すぐさまサツキに「私、婚活する!」と宣言しました。
「結婚したい!結婚する!」と言ったのです。
宣言した方が、自分を追い込めると思ったから。
それにもう残り2人だし(苦笑)
隠してあとでギクシャクしても嫌だったので、はっきりと伝えました。
すると、同じ環境で悩んでいたサツキも私の言葉に触発されたのか
「私も婚活する!」と。

 

それから二人で婚活を始めたのです。
「まぁ、活動すれば案外すぐ結婚出来るだろう」という何の根拠もない自信を持って。。。

 

 

>>親友サツキの結婚に呆然

 
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ